骨盤ベルト、産後いつまで巻いたら良いですか?

こんにちは、院長の野呂です。

先日、「巻き方を教えて欲しい」と、
骨盤ベルトを持参してこられた
産後のママがいらっしゃいました。

 

では、ここで質問です。

産後の骨盤ベルトって
なんのためにつけると思いますか?

 

よくある勘違いは

「開いた骨盤を戻すため」というもの。

でも、骨盤ベルト、
ちょっと動いただけでズレませんか?

 

残念ながら、

その程度の力しかないベルトに
骨盤を動かす力はありません。

 

そもそも、

出産で開いた骨盤は
自然と元に戻ります。

 

でも、それならどうして

産後も骨盤周りがグラグラしたり
痛みが残ったりするんでしょう?

 

その原因の1つが、ホルモンの影響です。

ママの体は、出産に向けて
リラキシンというホルモンが出て、

関節や靭帯(じんたい)が緩みます。

 

産後もすぐには「緩み」が戻らないので

骨盤周りが不安定だったり、
痛みが出てしまうのです。

 

骨盤ベルトの役割は
この緩んだ靭帯や筋肉の補助です。

 

つまり骨盤ベルトの役割は

腰痛ベルトやコルセットと同じ

 

使いすぎると筋肉が落ちて
慢性的な腰痛につながるので注意しましょう。

骨盤ベルトを持参されたママさんに
この説明をしたところ、
深く納得されていました。

なぜなら、こんな経験をされたからです。

 

学生時代、バスケ部にいた頃
膝にいつもサポーターを
つけていたのだそうです。

結果は・・・

なんと半月板を損傷してしまったとのこと。

常時サポーターをつけて
頼り過ぎてしまったせいで

膝周りの筋肉が
すっかり落ちてしまったのです。

もっと早く知っていれば・・・

産後は早めに骨盤ベルトをはずして
体を動かすことが大切です。

妊娠中に安静、運動不足などで
筋肉が落ちている場合には、

筋肉を回復させるトレーニングが必要です。

産後の骨盤については
こちらの動画でも詳しく説明しています

↓  ↓  ↓

 

産後の腰痛、グラグラ感の原因は、
ホルモンの影響や筋肉不足のことが多いですが

全てがそうとは限りませんので
気になる方は、お気軽にご相談ください。