トコちゃんベルト(骨盤ベルト)、いつまでつけたらいいの?

トコちゃんベルトいつまでつけたらいいの?

骨盤矯正で来られるママさんに

「トコちゃんベルト(骨盤ベルト)はつけていますか?」と質問すると

ほとんどのママさんが

「つけたら良いとはわかっているんですがもうしていません。」とお答えになります。

理由は、暑い、ズレる、しめる場所が良くわからない の3つのうちのどれか。

ほとんどの方が産後2ヶ月ほどで、はずしてしまうようです。

みなさん、申し訳なさそうに「はずしました」とお答えになりますが、それ、正解です!
もし、腰に痛みがある、うまく力が入らない という症状がなければ、はずしてしまっても構いません。

最近では、産院でトコちゃんベルト(骨盤ベルト)を勧められることもあるようです。

ところが、骨盤ベルトにどういう効果があるのか、どんな役割を果たすものなのか、産院できちんと説明を受けたママさんは、ほとんどいません。

今までに、きちんと骨盤ベルトの役割や使い方を説明できたママさんはただ1人だけ。海外で出産されたママさんだけが、お医者様からきちんと説明を受けていました。

骨盤ベルトの効果は、ギュッと締めつけることで開いた骨盤がはやく締まって痩せるということではありません。その効果は、腰痛の時に巻くコルセットと同じで、痛みが和らぎ、動作が楽になるということです。

ところで、なぜコルセットを使うと痛みが和らいだり動作が楽になるのでしょうか?

それは、腹筋、腰や背中の筋肉の補助をしてくれるからです。産後はホルモンの作用で筋肉がゆるんでいる状態です。さらに出産によるダメージが残っている場合もあります。ですから、筋肉の補助をしてくれる骨盤ベルトが役に立つのです。

では、「骨盤ベルトを使い続けるとどうなってしまうのか?」考えてみましょう。

楽だからといって骨盤ベルトに頼り続けてしまうと、筋肉が怠けて弱くなってしまいます。痛みがおさまってきたら、適度な運動やストレッチで体を動かすことが大切です。骨盤ベルトは、役割をしっかり理解した上で、上手に利用しましょう。