産後のお腹、たるんだお肉を戻すには?

産後の体型:お悩みNo.1はお腹のたるみ

20才〜49才の出産経験者を対象にした調査によると、産後の女性が抱える身体的な悩みのナンバー1は、『下腹部のたるみ』なのだそうです。

出産直後の”しわしわのお腹”にショックを受ける女性も少なくないとか。お腹が大きく膨らむことで皮膚やその下にある皮下組織が伸びてしまうことが、たるみの原因です。

たるみ対策のカギは腹筋にあり

先日放送されたフジテレビ系列の「フルタチさん」に、女子サッカー元日本代表の澤穂希さんが出演されていましたが、妊娠7ヶ月というのにお腹が全然出ていませんでした!

その理由は、腹筋が発達しているから。番組では、アメリカのモデルさんの例も紹介されていました。その方は妊娠中も腹筋運動をしていたそうです。鍛えられた腹筋には、お腹が前に出るのを押さえる効果があるのです。

赤ちゃんに悪い影響はないの?と心配される方もいるかもしれませんが、お腹の中のスペースはしっかり確保されているので大丈夫なのだそうです。

番組で紹介されたモデルの方は出産4日後には、ほぼ元通りのお腹になっていました!(妊娠中の無理な運動はおススメできません)

第2子以降になると早い時期からお腹が目立ちます。例えるなら1度でも膨らませた風船は、空気を抜いても元に戻らないのと同じなのです。2人目、3人目をお考えの方は産後にしっかりと腹筋を鍛えておくと良いのではないでしょうか。産後、丸1ヶ月が過ぎて痛みがなければ運動を始めても問題ないでしょう。

もちろん、最初のお子さんを希望されている方も、妊娠前に腹筋を鍛えておくことができます。

当院では骨盤矯正だけではなく、腹筋や体幹を一緒に鍛えるコースもあります。是非お気軽にご相談ください。