汗をかいても痩せない!?ダイエットの嘘・本当

汗をかくと痩せるって思っていませんか?

『汗をたくさんかくとダイエットできる』と考えている人は少なくありません。

骨盤矯正ダイエットで来院される方の中には、

お腹にサランラップを巻いて通学した
 とか、
サウナスーツでジョギングした

なんていう強者も!

じつは・・・

汗をかくこととダイエットは関係がありません!

ここで言うダイエットとは、体についてしまった脂肪を減らすということです。

もちろん、単純に『体重を減らしたい』なら、
汗をかけば(一時的に)効果があります。

ただし減るのは、汗の分だけ

サウナスーツを着て “汗だくだく” で頑張っても水を飲むとまた元通りです。

なので

「二の腕を細くしたい」
「ウエストを引き締めたい」

という理由でサランラップをまいても全く意味がないんです(涙)

 汗=水分 です。

お肉=脂肪が減るメカニズム

脂肪を無くすには
「摂取カロリー < 消費カロリー」が基本です。

つまりお肉を減らすためには、

・食べる量を減らす
・食べた分以上の運動する

のどちらかが必要だということ。

脂肪は、運動をするためのエネルギーとして消費されます。そうすると体が熱くなって体温が上がります。

その体温を下げるために出るのが「汗(水分)」です。

・脂肪燃焼
 ↓
・体温上昇
 ↓
・汗

という順番ですから、お風呂やサウナでたくさん汗をかいても、脂肪は減りません。

つまり、サウナスーツを着て汗だくになるより、
快適な服装で、長く運動したほうが脂肪をたくさん減らすことができるということなんです。

ちなみに余談ですが、お肉をいくら揉んでも残念ながら脂肪は消費されません。

この仕組みが分かっていれば、怪しげなダイエット情報に惑わされ無くてすみます。

骨盤矯正ダイエットでは、正しいダイエットの知識もお伝えしています。

ぜひお気軽にご相談ください。