骨盤はおしりの上の方に、仙腸関節という左右一対の関節があり、その仙腸関節を中心として、上下・ 前後 ・ 開閉と、僅かながらさまざまに動いております。

女性のからだは妊娠、出産と大きく変化します。それはホルモンの働きによるものです

妊娠をしてお腹が大きくなると腹筋の中央にある「白線」という組織が左右に引き延ばされて腹直筋がゆるみます。

また、骨盤の下にある骨盤底筋群という内臓を支えている筋肉も、大きくなったお腹を支えることでゆるんでしまいます。

もちろん、からだには元に戻ろうとする力、回復力がありますので、産後は最低でも3週間程度は安静にしましょう。

しかし、頼れる人がいなければ、赤ちゃんや上のお子さんのお世話、家事をこなさなくてはいけません。

そのため、筋肉がゆるんだ状態のまま、無理な姿勢で授乳や抱っこなどの育児、家事などをするママさんも多いです。

無理をすると、骨格・骨盤がさらにゆがんで、肩や背中のコリ、腰の痛みなどつらい症状がでるという悪循環に陥ってしまいます。

産後は筋肉や靭帯がゆるんでいて、出産で変化した体を元に戻そうという力が働く特別な期間となりますから、適切なケアをすれば出産による骨盤のゆがみだけでなく、もともとあったゆがみも解消できる絶好のチャンスなのです。

まずは、できるだけ安静に過ごしてからだの回復をはかりましょう。

その後、産後1ヶ月過ぎくらいから気になる方は適切なケアでゆがみを整えていくと良いです。

LINEでのご相談・ご予約

LINEでのご予約、ご相談はお気軽にどうぞ。
友達追加ボタンまたはQRコードからご登録ください。


友だち追加

お気軽にお電話ください(090-2875-2725)

メール・ラインからのご予約お問い合わせは24時間受付中