ロコモティブシンドローム

下記の7項目で当てはまることはありませんか?

1.片脚立ちで靴下がはけない。
2.家の中でつまずいたり滑ったりする。
3.階段を上るのに手すりが必要である。
4.家の中のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である。
5.2kg程度の買い物(1リットルの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが
  困難である。
6.15分くらい続けて歩けない。
7.横断歩道を青信号で渡りきれない。

一つでも当てはまるとロコモティブシンドロームの可能性があります。

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態のことをいいます。
いわゆる全身の筋力の低下です。
進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。

介護が必要になるリスクが高いということでお年寄りだけ?と思われがちですが決してお年寄りだけが注意をすることではありません。

若い人でもこの危険性があります。

特に1.片脚立ちで靴下がはけない。・・・しっかりふらつかずに履けますか?

歳を重ねると今までは出来ていたことでも知らず知らずに出来なくなっていくことが増えていきます。

予防するためには若いうちから日々の運動、特に体幹を鍛えることが必要ですよ。