コルセットや腰痛ベルトの役割

腰痛で病院にかかり、コルセットや腰痛ベルトをすすめられた方、結構多いのではないでしょうか。

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなど、急に腰が痛くなったときにはコルセットや腰痛ベルトをすることによって、痛みが和らぐことがあります。

ところで、なぜコルセットや腰痛ベルトを使うことで、痛みが和らぐのか知っていますか?

コルセットや腰痛ベルトの役割とは、腹筋、腰や背中の筋肉の補助として働き、腰椎(腰骨)や椎間板にかかるストレスを分散させることです。

簡単に言うと、「コルセットが弱い筋肉の補助をしてくれている」というわけです。

では、コルセットや腰痛ベルトをを使い続けるとどうなってしまうのか? ということを考えてみましょう。

代わりに働いてくれるコルセットや腰痛ベルトに頼り続けることで、筋肉自体は一層弱くなってしまう可能性が大きいのです。

そうなると、コルセットや腰痛ベルトをずっと使い続けなければならなくなってしまうことも考えられます。

コルセットや腰痛ベルトは、役割をしっかり理解した上で、上手に利用しましょう。

腰痛の改善・予防には、負担がかからないような姿勢、適度な運動やストレッチが効果的です。

腰痛にお悩みの方は、ぜひご相談ください。